経済 学説 まとめ

Add: egofaq66 - Date: 2020-12-09 07:22:18 - Views: 5151 - Clicks: 2620

古典派経済学は、「個人」や「個企業」など小さな単位の行動に注目した学問でした。とりわけ市場に任せておけば価格は自動で調整されるという考えのため、極端に言えば「自由放任」にしておけば良いという考え方でした。 そのような中で、マルクスは、市場に任せておいては格差が広がり、やがて社会が崩壊すると説きました。 現代でもピケティが「21世紀の資本」と呼ばれる格差論を展開しベストセラーとなりましたが、このような資本主義の問題をマルクスは予言していたのではないか?として再度「資本論」を見直す動きがあります。. 1929年のアメリカから始まった世界恐慌により、各国の株式市場などの金融市場が不安定になり、安価な政府の考えでは、不況が解決できなくなった。 そのため、「安価な政府」とは別の考え方の、政府が積極的に経済活動を行う政策が行われた。 アメリカでは、ダム開発などの公共投資などを積極的に行うニューディール政策が、フランクリン=ローズベルト大統領によって進められた。 同じころ、イギリスの経済学者ケインズ(Keynes)は、『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936年刊行)で、政府は有効需要(ゆうこう じゅよう)を増やすべきだと主張した。有効需要とは、貨幣の支出をともなう需要のことである。 ケインズの考えによると、私企業や家計が経済活動を行うように、政府も景気安定などのための経済活動を行うべきだとする。 このニューディール政策やケインズの理論などのように、自由放任ではなく、原則的に市場はなるべく自由にしつつも、政府は経済投資などで市場に積極的に関わるべきだとする経済思想のことを混合経済(こんごう けいざい)または修正資本主義(しゅうせい しほんしゅぎ)という。 なお、この、ケインズのような政策では、政府の支出が増えるため、インフレーションや財政赤字が起きやすいという性質がある。. 高橋和之『立憲主義と日本国憲法』有斐閣(☆年4月・第5版). アダム・スミスが提唱した「見えざる手」は市場が自動的に資源の最適な配分を調整する機能を持つという理論です。 スミスは、国が市場に対して行う介入を批判し、より自由に取引をさせるべきだと言いました。 この理論において前提となっているのは、「利己的な個人」です。 スミスによれば、ビジネスにおいて個人は自分が儲けることしか考えません。 これは、自分に照らし合わせて考えてみると少なからず納得できると思います。 買い物をする時は同じものをできるだけ安く手に入れようと考えるでしょうし、売る側に立った時もできるだけ高く売ろうと考えるでしょう。 「見えざる手」はこの利己的な個人が思うように行動すれば、どんどん豊かな生活ができるようになると言います。 逆に、「補助金などの政府の介入があるとそれにより生産性の低い産業が栄えてしまい、補助金の額ばかりが増えて、社会全体としては豊かにはならない。」スミスはそう考えました。 しかし、彼は「政府は要らない」と言ったわけではありません。 政府が行うべきは国防や司法行政、公共事業など、社会が安心して生産できるように国がすべき仕事として設定しています。 『政府は市場を確保するために自らの役割を担い、個人は利己的に行動する。これにより社会が豊かになる。』 これが見えざる手という概念です。. 経済 学説 まとめ See full list on keiei-manabu. シュンペーターは古典主義経済学が「均衡=最適」とするのに対し、「均衡とは停滞であり、通過点である」としました。 均衡はイノベーションによって常に変化しており(経済成長)、それが起きなければ企業の利潤や利子などもなくなってしまうと考えたのです。 そのため、彼にとっては経済成長こそが正義となります。 この「イノベーション」として彼は次の5つの類型を提出しました。? 東進の倫政一問一答を中心にまとめました 学年: 高校全学年, キーワード: 経済理論,経済学説,政経,倫政経,政治経済,倫理,倫政,政治・経済,政治,経済. 原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得?

現実の近代世界での経済の歴史は、アダム・スミスによる予想とは違い、自由な経済活動が増えるにつれ、貧富の格差がひらいたり、景気の変動がはげしくなったりしていった。 マルクス(カール=マルクス、Karl 経済 学説 まとめ Marx)などは、市場経済を批判し、市場経済にもとづく資本主義から、市場経済にもとづかない経済である社会主義へと移行するべきだと主張した。マルクスは著書『資本論』『共産党宣言』を著し、資本主義を批判した。. 事実、経済学史の研究者は、他の学問史と比較して、人数が多い。 経済 学説 まとめ 経済学史研究が盛んな理由の一つは、相異なる学説が併存していることにある。 どの学問分野でも、学説の対立は存在する。 しかし、経済学の場合には、他の学問とはかなり性格が異なる。. マルクスは「資本家が労働者を使って利益を生み出し、搾取している」と指摘しました。 『労働の対価として支払われたお金のうち、労働者に賃金として支払われる分を「必要労働」、資本家が搾取する利益部分を「剰余労働」と呼び、資本家はこの剰余労働を減らすべく、残業をさせたり、機械の導入によって失業させたりしている』と批判したのです。 機械が導入され働き口が減ると、労働者は賃金が低くても「働ければ何でもいい」という姿勢になり、資本家はさらに搾取しやすくなっていくのです。 近年、日本でも問題になった派遣切りによる賃金の低下、失業者の増加は、マルクスの見た19世紀イギリスで労働者が直面した悲惨な労働環境に似ています。 比較的容易にすげ替えられ、かつ低賃金で扱える非正規雇用というシステムは、資本主義の追求による資本家の搾取であると、マルクスなら言うでしょう。 マルクスは剰余労働を資本家ではなく、労働者の手に取り戻すために「社会主義」を提唱しました。 資本家を経済から追放し、労働者の手によってなす計画経済を実施することで、資本主義の自由競争がもたらす搾取を駆逐しようとしたのです。 こうして社会主義を始めた労働者たちの生産力が高まり、必要に応じて賃金を貰えるようになることで実現できるのが共産主義の社会です。 争いごともない、暮らしも豊かになる、それがマルクスの描いた共産主義という理想郷です。 この経済・政治思想は旧ソ連などをはじめとする国家で実践され、今のところ全て失敗に終わっています。. 最近発展してきた経済学の考え方として「行動経済学」があります。 行動経済学では、人間は多くの「非合理」な意思決定を繰り返していると説明します。例えば下記のような例が挙げられます。 あなたは、鰻屋さんに行きました。メニューは下の通りです。 あなたはどれを選びますか?多くの人は予算に合わせて「並」を選択するでしょう。 しかしもしメニューがこのような形ならどうでしょうか? 前よりも圧倒的に「上」を選ぶ人が多くなります。これは実験によっても証明されています。 人々は「合理的に」選択していると思っていても、その多くが「そうではない」場合が多いのです。下記の記事では行動経済学の事例を多く解説しています。. 社会契約説とは? 国家は市民同士の約束(=契約)で成立するという考え方. 経済は、力を持つ人々の自分の利益を求める合理的な行動のみでないとして、 弱い立場の人々の悲しみ、怒り、喜びも考慮できなければ、それは経済学ではないと主張しました。 いかがでしたか。世界的にも有名な経済学者をご紹介してきました。.

経済学(けいざいがく、英: Economics )とは、経済についての学問領域のこと。 原語であるEconomicsという語彙は、新古典派経済学者 アルフレッド・マーシャルの主著『経済学原理』(英: Principles of Economics, 1890年)によって誕生・普及したとされている 。. 新しい販売先の開拓? 『憲法ガール』は平成18〜24年の、『同Ⅱ』は平成25〜30年の司法試験の過去問を解説しており、全問に著者による解答例が付されている。内容はかなり高度で本格的。解説が(決して出来が良いとは言えない)ライトノベルの形式によっている点は好みが分かれるところ。「Remake Edition. 見えざる手→アダム・スミス 比較生産費説→デヴィッド・リカード 剰余労働→カール・マルクス 有効需要の原理→ジョン・メイナード・ケインズ 経済 学説 まとめ 経済 学説 まとめ 経済成長→ヨーゼフ・シュンペーター 貨幣数量説→ミルトン・フリードマン PDCAサイクル→進化経済学 経済複雑性指標→複雑系経済学.

世界大百科事典 第2版 - 経済学説史の用語解説 - 【経済学説史研究の意義】 経済学の歴史を研究する必要性を考える場合,まず経済学もその一分野である実証科学はどのように発展していくものかを考える必要がある。. 年度 経済学史(香川大学集中講義). イギリスの経済学者アダム・スミス(Adam Smith)は、かれの著書『国富論』(こくふろん、『諸国民の富』、しょこくみん の とみ)で主張するには、市場には、価格を自動的に調節する「見えざる手」(みえざるて、invisible hand)が存在するため、個々人が自己の利益のためだけに売買を自由にするだけでも、全体が幸福になると、アダム・スミスは主張した。 このような、政府はなるべく、民間の経済活動については、自由放任(じゆうほうにん、レッセ・フェール、laissez-faire)として、政府は経済に関わらないとする考えを「安価な政府」(cheap government、小さな政府)という。 アダム・スミスは、現代では「経済学の父」と呼ばれ、アダム・スミスは古典派経済学の祖(そ)とされている。 なお、後世のドイツのラッサールは、このような「安価な政府」の考え方を批判の意味合いで、「夜警国家」(やけい こっか)と呼んだ。. キーワード: 経済,現代社会,まとめ,現代の経済,現社,政治・経済,政治経済,政経,政治. る。経済学史が重要視されてきた理由の一つとして、経済学には相異なる学説が併存していることをあげること ができる。どの学問分野でも、学説の対立は存在するが、経済学の場合には、他の学問とはかなり性格が異な る。. ラジオ第2放送 毎週 土曜日 午後7:50〜8:10 ※この番組は、前年度の再放送です。. アダムスミスの経済理論は、基本的に市場に任せておけば良いと主張しています その背景としては、市場の需要に合わせて供給は勝手に調整される 他人に財やサービスを提供するために、良いものを作ろうと努力をするようになる 労働価値が向上し、賃金は長期的に持続していく 物価の価値は供給と需要によって勝手に決まる。需要供給に関してはこちらに詳しく書いています 全ては競争市場に任せておけば上手くいく。政府が介入しなくても市場が自動的に活性し経済が成長していくのだ この現象を神の見えざる手と表現しました.

マルクスは「資本主義」は格差を生み社会が崩壊すると説きましたが、一方で、ケインズは「資本主義」においても、政府が積極的に経済に介入することで、持続可能であると説きました。(ちなみにケインズは新古典派経済学を築いた「マーシャル」の教え子です) つまり国は、不景気の時は積極的に借金をして、公共事業に支出し、雇用を生み出します。雇用が生まれれば、国民の給与が上がりますから、税収入が増えます。その増えた税収入で借金を返せばいいと考えました。 エジプトのピラミッドは、国王の墓ではなく景気対策だったとの説が近年有力になってきました。ピラミットを公共事業として行うことで国民の仕事が増え、消費が促され、税収入を増やす。ケインズは、ピラミッドと同じように、不景気の時は、国が借金をしてでも公共事業を増やして、国民の所得を増やすべきだと考えた革命的な人物でした。. 【経済学説史研究の意義】 経済学の歴史を研究する必要性を考える場合,まず経済学もその一分野である実証科学はどのように発展していくものかを考える必要がある。教科書的な説明をすれば次のようになろう。. ポイントまとめはコチラをcheck!→《政経まとめ19経済分野の人物》 ポイントまとめはコチラをcheck!→《政経まとめ20経済学説》 1,国の富は金銀であり、輸出入の差額によって得られるとする考え方を何というか。資.

経済学史の研究対象と課題 経済学史の対象は、過去から現在にいたる経済学説、つまり経済思想と経済理論である。経済学説は、過去の人々が、同時代の経済生活とその諸. 01国家と主権; 02近代民主政治; 経済 学説 まとめ 03議会制民主政治. Amazonで哲史, 岡本, 洋一, 小池の経済学のパラレルワールド: 入門・異端派総合アプローチ。アマゾンならポイント還元本が多数。哲史, 岡本, 洋一, 小池作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 経済学説のなかで経済問題と社会問題とが結びついて論じられているのである。 2. See full list on gakureki-zero.

著者は1999年に他界。第3版(年)からは弟子の高橋により補訂が続けられている。憲法で伝統的通説といえば、概ね芦部説を指す。本書は、記述は簡潔ながら、伝統的通説の基本的な知識(憲法学の共通理解)を一通りおさえられるため、長年受験生からの圧倒的な支持を集めている。もっとも、芦部憲法学を凝縮した本書の記述を真に理解するためには「行間を読む」ことが求められ、ある程度の予備知識が必要である。また、高橋の方針で、芦部による原文には一切手を加えず、補訂も最小限に留めていることから、平成以降の議論にはほとんど対応しておらず、内容が古くなりつつあることに留意する必要がある。第7版のはしがきで、最晩年の芦部が憲法9条につき政治的マニフェスト説を採るに至っていたかもしれないとの補足が付された。全3部、全18章。A5判、488頁。 1. 解答:問題の解答となっていれば5点を与えました。要点を上手にまとめている. 古典経済学は「アダム・スミス」によって始まりました。アダム・スミスは経済学の父とも呼ばれています。 彼が書いた「国富論」はあの有名な「見えざる手」という言葉が記載されている本です。 アダム・スミスの考え方は、簡単にいうと、人々は「利己的に」「自分勝手に」生産と消費をしているけれど、最適な価格に「見えざる手」によって調整されるのだと説きました。 例えば、近所の果物屋さんが「りんご」を200円で売っていたとします。しかし、それでは全然売れなかった。よくよく調べてみると、隣町の果物屋さんでは同じ「りんご」を180円で売っていた。これではよくないと考えて、慌てて150円にしました。めでたく売ることができたとします。. 政経プリント 入試過去問; 入試 過去問集. 新しい生産方法の導入?

剰余労働の奪還を唱えたマルクス経済学を異端とすれば、経済学は古典派経済学とケインズ経済学の対立で発展してきたと考えられます。 古典派や新古典派は「見えざる手」や「マネタリズム」に見られるように、基本的に政府は経済に介入しない経済を想定しています。 対して、ケインズ経済では「有効需要をコントロールするために公定歩合や社会福祉、累進課税などの経済政策を行うべきだ」というのが基本方針です。 どの学説も全ての経済事象を説明できるわけではないので、臨機応変に使い分けるのが賢明でしょう。. 最も基本的な貿易のための理論が、この比較優位であったり、リカード理論とも呼ばれる比較生産費説です。 「自由貿易を行うことでそれぞれの経済主体がそれぞれの得意分野に特化してビジネスを展開すれば、労働生産性の向上に伴っておのずとよりレベルの高い財・サービスをより多く消費できるようになる」という理論です。 この場合の得意分野とは、より少ない費用でより多くの生産ができる分野を意味し、労働生産性とは1人あたりの実質的な付加価値高を指します。 【例題】 A国とB国がともに労働者200人でとうもろこしと鉄製品を生産するとします。 とうもろこしに100人を投入するとA国は、B国は1800生産できます。 対して鉄製品に残りの100人を投入すると、A国は1000、B国は300しか生産できません。 これを比較生産費説に基づいて、それぞれが得意分野に特化して生産するとどうなるでしょうか? <解説> A国はB国に対してとうもろこしにおいても鉄製品においても生産性が高くなっています(絶対優位)。 B国から考えると、とうもろこしの生産力はA国のそれと比べて9割ですが、鉄製品では3割です。 B国にとってはA国に対してとうもろこしの方が鉄製品よりも比較優位にあると言えます。 A国が仮に鉄製品に対し、労働者200人全部を投入して鉄製品を1800生産し、B国は労働者200人をとうもろこしに投入して4000生産できたとします。 この時、市場全体を見ると鉄製品が500増、とうもろこしが200増になっています。 それぞれが別々に生産していた時よりも全体が豊かになっているのがわかるはずです。 これが比較生産費説の唱える効用です。 スミスやリカードの学説はイギリス古典派経済学と呼ばれます。 経済 学説 まとめ 古典派経済学ではジョン・ロックが創案した労働価値説、すなわち「全ての物の価値はそこに使われる労働によって決まる」という考え方が貫かれています。 また、ジャン=バティスト・セイの導いた「供給が需要を生み出す」とする「セイの法則」も、古典派経済学においては代表的な学説です。 イギリス古典派経済学の学説は、その後の経済学の出発点となり、批判的に検証されながら現代にまで受け継がれています。. See full list on ja. 芦部信喜(高橋和之補訂)『憲法』岩波書店(年3月・第7版). アダムスミスは、1723~1790に生きたスコットランド人です。実は経済哲学者というよりは、道徳哲学者の教授で有名です 当時のスコットランド人は、イングランドに支配されており、政治的に自由が無く、国内では許可を受けた商人や製造業者が事業を独占していました なのでスコットランド人は、勉強や学問の方に力を入れ、産業や製造業をどんどん盛んにしていきます。その時代背景をスコットランド啓蒙期といいます 啓蒙けいもうとは、何も知らない人たちに正しい知識を教えていくことです そんな啓蒙期にアダムスミスはいました 当時のイギリスは植民地を求め戦争をしていましたが、戦争にはお金がかかるため、オランダに借金をし、国内で国債を発行して金融市場を大きく発展させます 国内では重税や植民地による課税などが多く掛けられていました この課税が嫌になり、西に植民地を求め多くのイギリス人は移動していきます これがのちのアメリカであり、課税をめぐりアメリカ独立戦争が起きます. ミクロ経済学では、人は「必ず合理的に意思決定ができる」という前提があります。 つまり、人はどの商品を購入するのか決定する際に、必ず効用を最大化する意思決定ができるという前提があります。 例えば、「赤く熟したリンゴ」と、「青い熟していないリンゴ」があった場合、必ず赤いリンゴを選びます。しかし、世の中の意思決定はここまで単純ではありません。より複雑な状況に直面した際には、近代経済学では説明ができないものがあります。 そのような複雑な意思決定を「ゲーム理論」によって分析を行いました。ゲーム理論の代表例として囚人のジレンマがあります。 囚人のジレンマとは、ある犯罪で捕まった容疑者2人が意思疎通のできない別の部屋で尋問される状況を考えます。 この2人が取れる選択肢は の2つのみです。この2つの選択によって2人が受ける罰が異なります。 この場合、2人の容疑者はどのような選択を取るのでしょうか? 全体でもっとも刑が軽くなるのは、2人とも黙秘した場合の「お互い2年の懲役」です。しかし、自分の利益を優先して、自白するを選んだ場合は、「お互い懲役5年」となります。 このような状況下で人は効用を最大化する意思決定ができるのでしょうか? 詳しくは下記のリンクで解説していますが、このような複雑な状況が世の中に溢れているのではないか?として近代経済学の限界がささやかれ始めます。. 一見して論文集を思わせる書名であるが、人権・統治の全範囲にわたる歴とした体系書である。著者は芦部の一番弟子で、芦部に続く現在の第一人者。ケルゼンの法段階説に立脚した独特の統治機構論を展開。国民内閣制論の提唱者。私人間における人権の無効力説、司法権の定義に関する独自説、外国人参政権肯定説などを採る。本書は初学者向けに執筆されたもので、四人組等の本格派体系書へとステップアップすることを意識しているとのことだが、薄い中に情報が詰め込まれており、その内容は初学者向けにしては高度である。芦部に目線を合わせた単なるサブノートではなく、芦部よりずっと新しい議論を展開しており、芦部を補うという用途であっても腰を据えて取り組む必要がある。そうしたこともあって、直前期の総まとめ等には向かないだろう。全3部、全16章。A5判、524頁。 1. 現代経済学の礎を成す新古典派経済学、マルクス経済学、ケインズ経済学の三大思想。その流れを押さえることで、経済学や経済政策の理解は.

See full list on w. 「物価の水準は貨幣の数量で決定される」とする学説です。 もとは18世紀初頭に唱えられた学説ですが、これを受け継いで19世紀末の経済学者アーヴィング・フィッシャーが提唱し、それを改良して提出したのがフリードマンです。 フリードマンは、「政府が行うべき経済政策は貨幣数量の調整を行うのみであり、他の一切の介入はするべきではない」としました。 これをマネタリズムと呼びます。 マネタリズムは、ケインズ経済が提唱する公共事業や累進課税などの政府の経済への介入を批判し、古典派経済学への回帰を主張したので新古典派とも呼ばれます。 他にも現代には、これまでの経済学の枠組みにとらわれない様々な学説が構築されています。 例えば、進化経済学は生物学の思想を経済に適用しています。 Plan,Do,Check,Acitonの頭文字をとって名づけられたPDCAサイクルはもともとこの進化経済学の産物です。 また、従来の経済学が前提とする完全合理性に疑問を投げかける複雑系経済学という分野もあります。 意思決定プロセスにおいて、選択肢(要素)が増えるほど人間は最適な判断を行うことが難しくなり、結果経済が最適な均衡を保てないケースも起こり得ます。 このアトランダムに発生する均衡を予測するために、経済の複雑性を測定する経済複雑性指標という指標を提出したのがこの複雑系経済学です。. vol,1 経済の重要人物; vol,2 経済学説; vol,3 需要と供給; vol,4 企業・株式会社; vol,5 GDPとGNP; vol,6 国の予算と税金; vol,7 財政政策; 国際まとめ; 政経プリント集. 「経済の総生産量は需要によって調整される」というのがケインズの提唱した有効需要の原理です。 買いたいと思う人の数で、売り物の数は決まるというわけです。 現在では当たり前のように思えるこの原理ですが、イギリス古典派経済学では「供給が需要を生み出す」とする「セイの法則」が適用されていたのです。 そこで、この法則が通用しない局面があるとケインズは指摘したのです。 例えば、大根が非常に貴重な経済においては、大根は作れば作るほど売れます。ここではセイの法則が働いています。 しかし、通常大根は非常に貴重でもなければ、たくさん必要なものでもありません。 したがって作りたいだけ作っても、その量を需要が下回れば売れ残ります。すると生産者は需要に合わせて供給量を調整するでしょう。 これが有効需要の原則です。. 『資本論』(マルクス、1863年『国民経済学原理』(メンガー、1871) 『純粋経済学要綱』(ワルラス、1885) 『経済学原理』(マーシャル、1890). See full list on vicryptopix. 17世紀以降、経済学説は時代とともに変遷してきた。具体的には 重商主義→重農主義→古典経済学→限界革命→ケインズの経済学→マネタリズム.

不況を乗り越えるための学問としてケインズ的なマクロ経済学が主流となりました。いわば「大きな政府」が積極的に借金をして、公共支出を増やし、市場に介入することによって経済を刺激する方法です。 しかし、このやり方に対して異議を唱え続ける立場の人がいました。オーストリア学派やシカゴ学派などとして知られる経済学の立場の人です。 彼らの考え方の根本にあるのは、政府が市場に介入することによって、「自由」が奪われているという哲学です。政府はあまり介入せずに「自由競争」に任せることが、人々の自由を拡大することができると考えます。 代表的な人物で、最も大きな影響を与えた人物の一人として「フリードリヒ・ハイエク」と呼ばれる人物が存在します。彼の著書「隷属への道」は、「社会主義」を批判し、「自由主義」の利点を述べる名著です。. アダムスミスが経済学を唱えるまでの経済とはどのようなものだったのか 当時は重商主義でした 重商主義とは、国家の保護の下、貿易黒字を生み出すことにより、多くの貨幣を獲得し、国富の増加となる考え方です 国富とは国民の富、今で言うGDPです それまで経済学というものは存在せず、アダムスミスが一番最初の経済学者と言われています. 時永淑編(1978)『経済学説史』有斐閣双書。 永井義雄編(1992)『経済学史概説』ミネルヴァ書房。 中村賢一郎(1986)『経済学説研究』学文社。 中村廣治編(1995)『市場社会の思想像(増補版)』九州大学出版会。.

More 経済 学説 まとめ videos. 資本主義&社会主義経済〜現代の経済社会のノートまとめ! 質問等あればコメント欄にどうぞ( ´ )ノ キーワード: 資本主義,有効需要,ケインズ,アダム=スミス,社会主義,マルクス主義,4つの現代化,ドイ=モイ政策,独占禁止法,現代の経済 大島義則『憲法ガール』、『同Ⅱ』法律文化社(年1月・Remake Edition、年9月). . . いくら経済学が説明できても現実経済はそんな簡単ではありません。今の経済を生きている皆さんであれば実感できると思います アダムスミスは人間の道徳観も経済に大きく関係していると主張しています。しかも彼は道徳哲学者でもあります 経済を動かす道徳観とは何かを見ていきましょう.

経済 学説 まとめ

email: [email protected] - phone:(275) 319-9869 x 3948

チーズ は どこ へ - ホムンクルス

-> 辞める 勇気 続ける 勇気
-> 放課後 h タイム

経済 学説 まとめ -


Sitemap 3

メジャー ペンタトニック -